Live2D

スポンサーリンク
2DR

2DRにLive2Dのモデルをインポート

Live2Dでファイル>組み込み用ファイル書き出し>moc3書き出し書き出しバージョンをSDK3.0にモデル名はここで決めてもいいですし(英数字のみ)、最終的に出力されたファイルの名前を揃えて、***.model3.json内のモデル名参...
iOS

Live2Dを用いたUnityアプリを XCodeでビルドするとエラーが出る件

これまで何度もバージョンアップを重ねて来たココのコイン落としですが、Live2D SDKをVer4にした所、iPhoneでの実機テストは問題ないにも関わらず、Archiveに失敗するという問題が発生しました。発生するエラーはun...
Live2D

Live2Dの当たり判定実装についてメモ

Live2D SDKを使ってUnityで当たり判定を実装する為の説明が公式にありますが、基本的には Raycastを実行するコンポーネント(CubismRaycaster)をモデルにアタッチ当たり判定に使用するアートメッシ...
Live2D

UnityでAnimatorControllerを使うとビルドに失敗する件

Live2Dの動的ロードのために、モデルにアタッチされたAnimatorにスクリプト側からAnimatorControllerを設定していたのですが、なぜかビルドすると「 The type or namespace name `U...
Live2D

UnityでStreamingAssetsに置いたLive2Dモデルを動的ロードさせる処理がAndroidでは失敗する件

前回の記事では、UnityでLive2Dモデルをスクリプトから動的にロードする方法について紹介しましたが、なぜかAndroid実機で確認するとモデルの読み込みが失敗してしまいます。monitor.batでログを確認すると「Director...
Live2D

移動するLive2Dモデルの視線追従

こちらのチュートリアルにとても分かりやすくLive2D SDKによる視線追従の説明がされていますが、1つだけ注意点があります。 上記のサンプルコードはモデルがマウスクリック位置(ターゲット座標)を向くように...
Live2D

Live2DモデルのUnityスクリプト内での動的生成と着替え実装

Live2Dモデルの着替えを実装する為に、一般的な「Live2DモデルをUnityに読み込み、SDKがプレハブを作成→プレハブをシーンに配置」という手順を踏まずに、「Live2DモデルをUnityプロジェクトに配置→実行時にスク...
Live2D

Live2DモデルをUnityのStreamingAssetsフォルダに置くとインポートが失敗する件

Unityは2019.2.1f1を使っています。 Live2Dのモデルを動的に読み込みたい 次のココのコイン落としのバージョンではLive2Dモデルの差し替えを考えており、スクリプトからLive2Dモデルの読み込む方...
Android

Live2DのモデルがUnityのアプリ64ビット化で真っ白になって動かなくなった件

Androidアプリは2019年8月から64ビット対応していないとPlay Storeにapk(aab)をアップロードできなくなりましたが、対応させたところ突然Live2Dのモデルが真っ白になり動かなくなりました;例のごとくan...
Live2D

Live2Dで飛散物を表現

上のエントリにも関係しますが、Live2Dで汗を飛ばすなどの飛散物を表現する場合、Unityのmecanimで実装するより結構面倒です。(というか他にやり方あったら教えて下さい) こういう感じで汗飛沫パ...
Live2D

Unity上でLive2DモデルPrefabへの処理追加

内容は大した事ありませんが、ちょっとハマってしまったのでメモ。 まず、Unityに読み込み済みのLive2Dモデルプレハブがあったとします。このモデルに汗マークのような記号を追加したいのですが、プレハブには既に色々なコンポ...
Live2D

Live2Dのサブスクリプションライセンスの注意点

先月「ココのコイン落とし」開発の際、「やはり凝った物を作るには圧倒的にパラメータが足りない!」という事でLive2D CubismのProライセンスを契約してたんです。集中的に開発すれば事足りるだろうという事で単月サブスクリプシ...
Live2D

Unity & Live2D参考リンクまとめ

Live2D当たり判定の設定
ClipStudio

UnityにLive2Dモデルを再インポートする際の手順メモ

Prefabを作り直す羽目になったので自分用メモ。 ClipStudio(クリスタ)での編集 最初にインポートした時に主線と塗りなどをまとめてパーツごとにレイヤ分けしてると思うので、新規にパーツを追加する場合以外はな...
Live2D

Live2DのリップシンクとUnityでのリップシンク

Live2Dでのリップシンクには、まずModelerでパラメータ設定からまばたき・リップシンク設定を開きます。 そしてリップシンクさせたいパラメータにチェックを入れ、モデルを保存・書き出しを行います。Animator側でシーンに音声(w...
Live2D

Live2Dのモデル&モーションのUnityへの差し替え

UnityとLive2D、ともに非常に優れたツールですが、Live2Dのモデルやモーションの差し替えにはちょっと神経を使います。なので個人的に少しメモ。 ファイルインポート まずする事は「ファイル上書き→再インポート」です。更新されたmo...
Live2D

Unityのオブジェクト配置に関するメモ

ココのコイン落としではシーンに「コイン落としの台(3Dモデル)」「Live2Dモデル(3D?)」「UI(Image)」「台のスロット部分(Image)」「背景(Image)」を配置しています。 台モデルはカメラに俯瞰させつつ、Live2...
Live2D

Live2Dを使ってみてのメモ

Live2D Cubism3.2(Pro試用版)を初めて使ってみてのメモ。 単なる勘違いも有ると思うのでご了承を。 メモ 1つのワープデフォーマに複数のパラメータを割り当てる時は気をつける(複数のパラメータが同時に動く時に意図しない...
Live2D

ゲーム用キャラクターのLive2Dでの動作サンプル

※前回のキャラデザ案からは大幅に変わってネコ耳巫女になっています Live2Dでのモーションサンプル。物理演算も適用して髪・リボン・袖が揺れています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました