【Unity課金】Simple IAP Systemのメモ

スポンサーリンク
Unity
スポンサーリンク

課金処理をかんたんに実装できるUnityアセット「Simple IAP System」の自分用メモです。

スポンサーリンク

Google Keyって?

IAPManagerの「Google Key」という項目は、Google Play Console(旧)の、開発ツール>サービスとAPI画面にある「ライセンスとアプリ内課金」の「このアプリのライセンス用鍵」をコピペします。

購入ボタン押すと「Add an active IAPButton to process this purchase…」みたいなエラーが出る

レアケースと思いますが、Simple IAP Systemのサンプルシーンでは問題なくフェイク課金承認画面が出ますが、自前のシーンを通して課金ボタンを押そうとすると上記のエラーが出てしまいます。
トレースしてみると、なぜか自前のシーンを通している時だけIAPManager.PurchaseProduct()からCodelessIAPStoreListener.ProcessPurchase()に飛んでいました。
私の場合、このアセットを試す前にCordless IAPを試しており、IAPカタログに一部のテスト用商品が残っていたせいで、この現象が発生していたようです。
GameObject>Unity IAP>IAP Buttonを作成し、IAP Catalogボタンを押し、カタログ内の商品をすべて消します。そしてIAP Buttonを削除するとこのエラーは出なくなりました。

Clear DatabaseでPlayerPrefsが全クリアされる

試してないのですが、注意書きを見る限りClear Databaseを押すとローカルの全ユーザデータが消されるようです。
Advanced Playerprefs Windowアセットを使って、このアセットのデータだけ消す事でいけそうです。

細かい解説

添付PDFの通りにやるだけで問題無いと思いますが、https://www.rebound-games.com/forum/topic/1743/guide-google-playこの購入者用フォーラムの各トピックを見ていくとより実践的な内容がわかります。
固定トピックになっているものは開発者側からのHowToの内容になっています。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました