Live2D Cubism SDK+Unityでモデルとスプライトが中途半端に重なる問題

スポンサーリンク
Live2D
スポンサーリンク

Unity+Live2Dで制作した「ココのコイン落とし」では「ココの部屋」というモードがあります。
スプライト画像の部屋アイテムを、Order In Layerの数値を操作する事でCanvas内で擬似的な奥行き感をもたせつつ配置してカスタムする事ができ、その中をLive2Dキャラが動き回るというものです。
しかし、Live2DモデルとアイテムとのOrder In Layerがそれぞれ異なる値を持つにも関わらず、Live2Dモデルが中途半端にアイテムに重なってしまい、見栄えがあまり良くないという現象が発生してしまいました。

この場合、モデルにアタッチされているCubism Render ControllerのModeをBack To Front OrderからBack To Front Zに変更します。そうすると、中途半端に他のオブジェクトと重なるというような現象が起きなくなります。
Back To Front Orderのままでこの現象を解消するには、Order In Layerの数値が他のオブジェクトと100~200以上数値の差が必要です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました