【Unity2019】Scroll Viewを使ってアイテム一覧などの縦スクロール画面を実装

スポンサーリンク
Unity
スポンサーリンク

Canvas配下にスクロール画面の背景となるUI->Panelを作成します。その配下にUI->Scroll Viewを作成します。
Scroll ViewのアンカーはStretch-Stretchにし、適当にLeft~Bottomでマージンを設定します。
InspectorでScroll RectのHorizontalのチェックを外します。子要素のScrollbar Horizontalは削除してしまいます。
子要素のContentにContent Size Fitterコンポーネントを追加し、Horizontal FitはUnconstrained、Vertical FitはPreferred Sizeにします。
Contentに更にVertical Layout Groupコンポーネントを追加し、Spacingを適当に入れ、Control Child SizeはWidthにチェック、Child Force Expandは両方にチェックします。
Contentにアイテム行となるGameObjectを追加し、LayoutElementコンポーネントを追加し、各行の高さとなるPreferred Heightを与えます。
アイテム行の配下に適当にImageやTextを追加し、サイズや位置をマルチ解像度でもおかしくならないように整えてプレハブ化します。
最後にスクリプトで、Content配下にプレハブのインスタンスを作る様に記述すればOKです。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました