カルテックの空気清浄機の寿命について

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

光触媒を利用しており、フィルタ交換コスト不要で脱臭・除菌可能な空気清浄機として人気のカルテック製品。実際、体感としても脱臭効果がかなり高く(電球をトイレに設置すると特に実感します)、手入れもかんたんなので私も自宅で利用しています。首掛け型も気休めですが混雑した場所では付けています(開けた場所では周囲の気流の方が遥かに強いので効果ナシと思われます)。

公式には一応永続的に利用できる商品という触れ込みですが、ファンやLEDには確実に寿命がありますし、光触媒フィルタも定期的にお湯に付ければいいとありますが、全く機能劣化がないかどうかは気になる所です。

問い合わせてみた

メーカーに商品の具体的な寿命を問い合わせてみたところ、以下のような回答が返ってきました。

ご連絡ありがとうございます。
カルテック株式会社です。
弊社製品をご愛用いただきまして、誠に
ありがとうございます。

ファンは約8から10年
LEDが約7から8年
が寿命となりますので、製品寿命は約9年
前後となります。
首掛けタイプはリチウムイオン電池を搭載
しておりますので、4年半前後となります

洗浄頻度は100回洗浄テストを実施しております
ので、効果は持続いたします

何卒よろしくお願い申し上げます。

壁掛けor据え置き型のKL-W01についてですが、常時ファンとLEDを稼働しているので、商品寿命はパーツ寿命の短い方となり、7年から8年となります。
在宅時のみ付ける場合は、1.5倍ほど伸びる可能性があります。

電球型のKL-B01は、常時稼働モードの場合は、常時ファンとLEDを稼働しているので、商品寿命はパーツ寿命の短い方となり、7年から8年となります。トイレの電気を付けた時のみ稼働モードの場合は、消臭除菌能力は落ちますが商品寿命は数十年?になるかと思います。

首掛け型のKL-P01やKL-P02は、この「4年半」というのが24時間利用ではなく日常的な利用(毎日一度フル充電して一日8時間前後利用)での想定だと思いますが、混雑する場所に行くことや外出が限られている状況なら、利用回数が控えられることにより倍以上(10年前後)の寿命になると考えられます。

光触媒フィルターについては100回洗浄テストをしているとありますが、3ヶ月or6ヶ月に一度の洗浄が推薦されていますので、25~50年は光触媒フィルターは保つ(他のパーツが先に寿命を終える)ということになるようです。

まとめ

メーカーの提示した数値が正しいなら、通常の利用ペースで各製品7,8年は余裕で使えることがわかりました。
具体的な数値がある程度把握出来たことで、安心して商品を利用継続できる気がしました。他の利用者の方にも参考になれば幸いです。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

コメント

広告ブロッカーを無効にしてください。

タイトルとURLをコピーしました