【英語】cabinetとcabinetryの違いって?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Youtubeで海外の物件案内動画を見ていた所「Cabinetry」という単語が何度か出てきました。
ネットで調べた所、キャビネットとの違いがいまいちはっきりしなかったので、押し入れから電子辞書を取ってきて検索してみました。
すると、

  • ランダムハウス英和: cabinetwork, cabinetmaking
  • Oxford英英: cabinets collectively
  • リーダーズ英和: cabinetmaking, cabinetwork
  • ビジネス技術英和: (集合的に)高級家具

という様に、「キャビネットの集まり」と「キャビネットを作る(スキル)」と、ちょっと分かれる結果に(そもそもキャビネット=高級家具というニュアンスが英和辞書にしか見当たらないのは、日本では「キャビネット」が輸入家具に主に使われる事が多い単語だからでしょうか)。

ちなみに、ランダムハウスはアメリカ出版の辞書を小学館が翻訳したもの。
Oxfordはイギリスのオックスフォード大学出版。
リーダーズとビジネス技術は日本の出版社の手掛けたもの。
リーダーズとビジネス技術の参考文献は見てないのでわかりませんが、イギリスではキャビネットの集まりという意味があり、アメリカではキャビネット製作スキル的な意味合いがあり、リーダーズとビ技がそれぞれアメリカとイギリスの辞書を引用したと考えると一応辻褄が合うように思います。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました