WordPress + Cocoon(ver.2.2.0.5)テーマでAdsenseを自動広告+手動併用してみる(2020)

スポンサーリンク
AdSense
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AdSense側で設定してみる

先日このブログ(テーマはcocoon ver.2.2.0.5を使用)でAdsenseを掲載出来るようになったので、早速設定してみました。
まず、Adsenseで「自動広告(広告の表示種類、表示場所を自動で設定してくれる)」を設定してみます。
自動広告の設定はAdsenseの管理画面で、広告>サマリー>サイトごと(タブ)>鉛筆マークを押して、自動広告トグルボタンをONにします。

自動広告位置がおかしい

早速サイトを確認してみます。全画面広告やオーバーレイ広告やトップページのインフィード広告は問題なく表示されるのですが、なぜかページの最下部にばかりバナー広告が表示されてしまいました。
このように誰も踏まない場所に広告が出てしまうと、クリック率が下がってしまい広告枠の評価も下がってしまいかねません。対策を考えます。

自動広告位置の調整

自動広告は先程の自動広告の設定画面でサイト表示のプレビューが出来るのですが、そこで広告プレビューにカーソルを当てると出てくるゴミ箱マークを押すと、その場所に広告を表示させない事を具体的に指示する事ができます。
これで表示位置に問題のある広告を全て削除してしまいます。

再度サイト確認

サイトの表示を再度確認したのですが、最下部に広告が出なくなったものの、他の箇所に広告が出るわけでもなく、オーバーレイと全画面広告しか出なくなってしまいました。
流石にこれでは問題があります。調べてみるとcocoonテーマにAdSenseの設定があるそうなので見てみる事にします。

Cocoon側の設定

自動広告のみ利用の設定にする

管理画面でCocoon設定ページを開き、広告タブを開きます。
アドセンス設定項目の、「アドセンス自動広告のみ利用」を選択します。これが関係しているのかもしれません。

再度確認

サイトの広告表示を再度確認したのですが、やはり自動広告の表示はおかしいままでした。

自動広告とマニュアル広告を併用してみる

Cocoonと相性が悪いのか分かりませんが(AdSense側によるHTML解析と相性が悪いレイアウトである可能性がある)、自動広告はどうにもならない様なので手動によるAdSense挿入と併用してみる事にします。
Cocoonは過去のバージョンではアドセンス表示方式という項目にアドセンス自動広告とマニュアル広告を併用するという項目があったのですが、現バージョンではなぜか無くなっています。
他のブログでも併用という項目を選択する様に記述しているサイトが多く、混乱する原因となっている様です。
色々調べた所、Cocoonで自動広告とマニュアル広告を併用する方法としては

  • アドセンス管理画面で自動広告をオンにする
  • <head></head>からAdSense広告タグを外す(Cocoon側で出力するらしいです)
  • AdSense管理画面で広告>サマリー>広告ユニットごと>ディスプレイ広告でレスポンシブ広告を作成
  • 取得したコードをCocoonのAdSense設定の「広告コード」に入力(リンクユニット用コードと関連コンテンツ用コードはAdSenseの現バージョンでは取得できない様になっている模様)
  • アドセンス表示方式を「マニュアル広告設定」を選択
  • 広告の表示位置を適当に選択
  • 「変更をまとめて保存」を押す
  • アドセンス管理画面の広告設定のプレビュー画面で「既存の広告ユニットを最適化しますか?」のトグルボタンをオンにする

でいけました。

AdSenseのプレビューを確認する

アドセンス側の広告設定のプレビューを確認すると、Cocoonのマニュアル広告によって出力される広告枠は「既存のAdSense広告」と表示され、区別できるようになっています。
サイトを確認すると、やはりプレビューで表示される通りの広告枠全てが表示されるわけではありませんが、タイトル下などにマニュアル広告が表示される様になったので、これだけでもCPMはかなり安定するかと思います。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました