ロリポップでWordPressサイトにAdsenseを申請しても「サイトの停止または利用不可」で不承認になる現象

スポンサーリンク
Google
スポンサーリンク

ロリポップは格安プランでもWordPressをかんたんに設置できたりして、とても重宝しています。ところがAdsenseに申請すると「サイトの停止または利用不可」という理由での不承認になる現象が発生してしまいます。

「サイトの停止または利用不可」となるとGoogleのクローラーがきちんとアクセス出来なかった可能性が考えられますが、iptablesなどファイアフォールソフトで海外IPを弾くような事もしていませんし、同じGoogleのサービスであるwebmasterやanalyticsは普通に動いています。
また、申請する時に貼ったadsenseコードもきちんとクローラーが確認してくれています。
なのに、何故かサイトの(恐らくGoogle側で自動で行われている)チェック処理はうまく動いていないようです。
サイトによってはwwwサブドメインで申請しないと駄目とか、サブドメイン無しで申請してwwwサブドメインにリダイレクトしないとか色々書かれてたりしますが、どうやらそういった類とも違うようです。
何度か繰り返していると通ったという人もいたので再申請を繰り返すものの、10回ほど続けても変化なし。

色々調べてみると、実はこの現象はロリポップ側が気を利かせて行っている機能が原因のようです。
ロリポップの管理画面をよく調べてみると、「セキュリティ」という項目があります。
そこに「WAF設定」というものがあります。WAFというのはWebアプリケーションファイアウォールの略で、これはWebサイトに不正なアクセスを出来ないようにしてくれるファイアウォールです。一般的なファイアウォールがIPアドレスやポートなどで弾くのに対し、こちらはアプリケーションに関係する操作(より人間寄りのレイヤーでの行動)を察知して弾いてくれます。
これが勝手にadsense側のサイトチェック処理を弾いている可能性があります。なのでOFFにします。
また、海外アタックガードという項目もあります。これは海外IPアドレスに対して特定の場所にアクセスしようとする行為を弾いてくれます。これも念の為、同様にOFFにします(こっちはOFFにしなくてもいいかもしれません)。

すると、次の日にはAdsenseの承認が下りました!よかった(´;ω;`)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました